So-net無料ブログ作成

ここまでするか…。 [ドール]


プリプ真紅の為に鞄を用意してあげました。

ただの鞄じゃありません。その名も「薔薇乙女達の鞄」



ここから、妄想の世界へ入ります…ご注意を!


真紅「私のミーディアムなんだから、これぐらい当然よ!早く紅茶いれてきてちょうだい。」

弱チビ人間「あっ、はいっ…今、持ってきます。」

すると、聞き慣れた毒舌が…

翠星石「なま言ってるんじゃねえ~です。何で、真紅だけ鞄が付くですか?おまけにアクリルアイ付き…弱チビ人間め、おとといきやがれです~。」

弱チビ人間「いや…こ、これは予算の都合で…。」

翠星石「このパッパラパーのスカポンタン、とっとと買ってきやがれです~。」

弱チビ人間「はっ、はい…すぐに買ってきます…。」

水銀燈「ちょっと待ちなさ~い、何か面白そうじゃない…。」

弱チビ人間「…………。」

水銀燈「……いいわね、鞄………。」

弱チビ人間「…………………。」

水銀燈「……ジャンクにするわよ!」

弱チビ人間「かっ、かっ、買ってきます……。」

水銀燈「あら、いい子ねえ…。」

雛苺「ねえ、雛も欲しい…」
金糸雀「私のは、何故ないのかしら~」
蒼星石「僕のは……」
薔薇水晶「……弱そうねえ。」
雪華綺晶「………………。」

弱チビ人間「はい、はい、はい…買ってくればいいんでしょう。」


現実の世界へ…


で、こうなりました…。

押入れの上段が、えらい事に……。



続きはまた…。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。